読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年先も勝つためのFX

外国為替取引に関する備忘録

【3月12日】ドルインデックスが100の大台に。市場は全面ドル安へ。 - 昨日の相場

 

f:id:honamifx:20150312234151j:plain

photo credit: Post stamped bills via photopin (license)

 

 

ドルインデックスが100をつけたことで各通貨ペアともドル高は一段落着きました。

その後は指標等あり方向感のない相場になっています。

 

USD/JPY

ドル円はクロス主導の動きをしています。

日経平均は1万9000円台にのせていますが為替への影響はありません。

むしろ欧州勢による円買いで上値は重くなっているようです。

(私も円買いユーロ売りをしているので人には言えませんが・・・)

今は対円のポジションはユーロ円ショートしか保有していません。

 

EUR/USD

ドルインデックスが100をつけ、ゴールドが高騰したことをうけてかなりのショートカバーが入りました。


EUR/USD、日足のレンジをブレイクか? - 100年先も勝つためのFX

上の記事のユーロドルショートは1/3のポジションを残し手仕舞いしました。

ユーロは長期では下で良いと思いますが、短いスパンで下げすぎた分調整があってもおかしくはないです。

ポジション比率を見てもショートに偏りすぎているので下値を追いにくいのではないかと考えています。

なので再度奇麗な下降トレンドが出てから売り直す形でも問題ないと思います。

トレンド転換の可能性についてはまだそれほど考えていません。

 

 

楽観的であったドル買い相場が一転、各通貨ペアともに方向感の無い状態です。

こういう揉み合うような、不安定な相場には手を出さずに見ている方が良いです。

トレンドが出るまで待っても決して遅くはないので。

 

ちなみに今は対ニュージーランドドル(通称キウイ)のロングを考えています。

現時点でドルに対して強く出られそうな通貨はこれくらいじゃないでしょうか。

ドルを売れと言われてもQE中の通貨を買うわけにはいきませんので・・・。

とりあえず対円でも強く上昇トレンドが出ているので押し目を拾えないか見ています。

 

 

免責事項

当ブログは、情報等の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。通貨ペアの選択、エントリーポイント等の投資、投機の最終決定については、ご自身の判断で行うようにお願いいたします。・当ブログに掲載しているすべての情報・記事・データ等については、その情報源の確実性を保証するものではありません。当ブログの提供情報を利用することで被った被害については、万一、当ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当方は一切の責任を負いません。