読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年先も勝つためのFX

外国為替取引に関する備忘録

【3月3日】120円での警戒心、未だ解けぬまま - 昨日の相場

 

f:id:honamifx:20150303210647j:plain

photo credit: Munich via photopin (license)

 

USD/JPY

やはり120円を超えたところでニュースが出ましたね。

ま、いつだって下げたことへの後付けなんですが。

 

たしかに120円をつける度になにかと大きく下げるので「ここから先はダメなのか?」と疑心暗鬼に陥ります。しかし、そこまで気にすることではないと思います。

そもそも長期の流れはドル買いです。仮に口先介入だったとしてもそれがある限りドルで円を買う理由はありません。

イエレンのドル高牽制だろうと、一部通信社だろうと、上がるときは上がるし下がるときは下がります。

むしろその時の動きに一喜一憂するより長い目で見た方がいいと思うのです。

 

EUR/USD

下降トレンドはきっちりと出ているようですが少し材料不足なのかな、といった下げ渋りのような感じがあります。

ひとまずは1.1150 - 1.1250あたりのレンジなのかなーとも考えています。大きく動くなら下抜けだと思って(信じて)いますが。

週後半にはECBの政策金利発表やFRB、雇用統計も控えているのである程度動きそうです。

ただ、「ボラリティが高い」ということは逆に「それだけ戻りがある可能性も高い」ということなので楽観的にはなれないですね。

 

AUD/USD

政策金利据え置きでした。市場の反応は「まぁそうなるよね」って感じで買い戻しが入りましたが思ったほど動きませんでした。

まだ少しの間は揉み合いを続けるのではないでしょうか。

つまり豪州の政策金利に対しては「据え置き」でも「利下げ」のどちらにしてもかなり織り込んでいる状態なのですね。

なので市場参加者はなんらかのサプライズを待っているのではないでしょうか?

 

 

免責事項

当ブログは、情報等の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。通貨ペアの選択、エントリーポイント等の投資、投機の最終決定については、ご自身の判断で行うようにお願いいたします。・当ブログに掲載しているすべての情報・記事・データ等については、その情報源の確実性を保証するものではありません。当ブログの提供情報を利用することで被った被害については、万一、当ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当方は一切の責任を負いません。