読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年先も勝つためのFX

外国為替取引に関する備忘録

「トレンドの力」に負けないエントリー方向とストップの置き方を考える

 

さて、トレンドに対してのポジションの取り方を今一度おさらいしてみましょう。

普段何気なくしているポジションの取り方が実は「危険な方法」だったりします。

そして、その多くは「負けている人がついやってしまいがちなこと」なのです。

 

 

f:id:honamifx:20150806002148p:plain

GBP/USD(1時間足)

 

さて、このようなチャートを見たときに、あなたはどの方向にポジションを持ち、どこにストップを置きたくなるでしょうか?

 

 

 

f:id:honamifx:20150806002156p:plain

GBP/USD(1時間足)

 

多くの人がとりがちなポジションの方向とストップの位置はこうです。(赤いラインがストップの位置、矢印がポジションの方向)

 

なぜか?

 

なぜなら、こういうポジションは単純明快わかりやすいからです。

「今更売れないし、リバってきた」という考えの方向。

同時に、「安値を更新してしまうとまだまだいくだろう」という考えのストップ。

「底だったらラッキー」というおまけ付き。

だって誰が見たってそうなのだから!だって!だって!

 

このような、頭をあまり使わなくても取れるポジションというのはとても危険です。

負けている人にだって簡単にできてしまう考え方だからです。

 

少しだけやり方を複雑にしてみましょう。ほんのちょっとだけ。

 

 

f:id:honamifx:20150806002510p:plain

USD/GBP(1時間足)

 

私ならこのチャートを見たときに、迷わずこのようにストップの位置とポジションをとります。(実際のストップの位置は、もうすこし余裕を持ちます。詳しくは「で、「損切りのタイミング」って一体いつなの?って話 - 100年先も勝つためのFX

の記事をご覧ください。)

 

「前回の安値を更新し、高値を更新できていない」という考えの方向。

「高値を更新すると下降トレンドが崩れる可能性がある」という考えのストップです。

「トレンドは継続する可能性が高い」というおまけ付き。

 

さっきよりも少しだけ複雑です。

そして、さっきとはまるっきり逆のポジションであることがわかります。

しかしこれが驚くほどうまくいくのです。

 

 

f:id:honamifx:20150806003227p:plain

GBP/USD(1時間足)

 

結果はこうなりました。(ちなみに1メモリで20pipsほどです)

さて、次はどうすればよいでしょうか?

 

 

f:id:honamifx:20150806003425p:plain

GBP/USD(1時間足)

 

私は迷わずこうです。理由は同じです。

もはや下がるようにしか見えないのです。だって、ずっとそうやってきたのだから。

 

 

f:id:honamifx:20150806003331p:plain

GBP/USD(1時間足)

 

 

「いつも同じように負ける」という人がいる一方で、裏を返せば「いつも同じように勝つことができる」人がいます。。

つまり、それだけ相場というのはシンプルな動きをしているものなのです。

それはもう思った以上に。

 

しかしシンプルだからこそ、ほんの少しだけ複雑に考えてみるべきです。

動かすのは自分の大切なお金なのです。

 

 

 

以上、ポジションの取り方のおさらいでした。

一度デモで試してみるといいかも。

 

 

 

一緒に読んでほしい記事

 

honamifx.hatenablog.com

 

 

免責事項

当ブログは、情報等の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。通貨ペアの選択、エントリーポイント等の投資、投機の最終決定については、ご自身の判断で行うようにお願いいたします。・当ブログに掲載しているすべての情報・記事・データ等については、その情報源の確実性を保証するものではありません。当ブログの提供情報を利用することで被った被害については、万一、当ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当方は一切の責任を負いません。