読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年先も勝つためのFX

外国為替取引に関する備忘録

【4月 第3週】来週の注目はポンド。対ドル、対ユーロともに重要な局面。 - 来週の展望

 

f:id:honamifx:20150412221729j:plain

photo credit: decisions (cc) via photopin (license)

 

 

さて、来週はECBやBoE政策金利発表を控えています。

それを見据えての欧州通貨売りだったのかもしれませんが、私は据え置きだと思います。

下降トレンドに拍車をかけるようなことはあっても、大きな影響は受けないと考えています。

 

 

USD/JPY

f:id:honamifx:20150412220705p:plain

USD/JPY(日足)

 

ドル円ですが、日足を見るとまだまだ上がっていくように思います。

赤色の丸部分が押し目のようになっています。

一目均衡表、雲の薄い部分を割りにこなかったということは本格的な円買いになっているわけではないと思っています。

現在は短期でクロス円の影響を受けているにすぎず、上がらないからと言って特にショートする場面ではありません。

現在保有しているドル円ロングのターゲットはとりあえず124円です。

 

来週も欧州主導でドル円の上値は重たいままと見ています。

無理にトレードする相場ではありません。

 

 

EUR/USD

f:id:honamifx:20150412214557p:plain

EUR/USD(4時間足)

 

ユーロドルはとりあえずこんな形で見ています。

私の考える理想の形にすぎませんが、このように動けば奇麗なチャートになるなーという感じです。

 

抜けるところは抜けたのでここから1.10に戻るよりも年初来安値を抜く方が容易であると思います。

保有している1.10のショートが伸びればそれで良いのですが、売り増したいので1.07台までは戻ってきてほしいと思っています。

 

来週は指標として小売も控えているので仮にドルに対してのネガティブな数字なら絶好の売り場になるように思います。

損失を確定したい人や新規にドルを買いたい人はまだまだ多いはずです。

 

下値を追っていくよりもそういう売り場を待つ方が賢明です。

戻り待ちに戻り無しなら売らなくて良し!という感じです。

 

 

GBP/USD

来週注目しているのはどちらかというとユーロよりもポンドです。

 

f:id:honamifx:20150412215159p:plain

GBP/USD(月足)

 

4月を入ってまだ間もないですが、月足はすでに上ヒゲの陰線となっています。

先週の終値はギリギリ年初来安値で止まってるようにも見えますが、3月の下ヒゲを埋めにいっているところを見るとまだまだ下がるように思います。

ここから下は1.40までめぼしい支持線はありません。

 

 

 

 

さて、現時点でポンド、ユーロともに欧州の通貨が売られていることになります。

ここから下値を追っていくのであればどちらを売るべきなのかという話になってきます。

ここでユーロポンドのペアを見てみます。

 

f:id:honamifx:20150412215525p:plain

 

実は多くの通貨ペアでドルが買われている中、ユーロポンドも重要な局面を迎えています。

上のチャート、赤いサポートが割れてしまうと、俗にいわれているダブルトップのような形になります。

高値できっちりと抑えられているところを見るとユーロ売りの方が激しいということが分かります。

とりあえずここが割れるようならユーロを積極的に売るべきだと思っています。

ユーロポンドが年初来安値を割りにくるようであればユーロドルも同様に影響を受けるからです。

 

1ヵ月に及ぶ調整でその分、下を割りやすくなっているということもあります。

逆に言えば割れないようであればポンド売りはここから入ってもまだまだ間に合うと考えています。

 

 

来週は欧州の通貨に注目です。

多くの通貨でドルの買い場を探される週になると思っています。

 

 

 

免責事項

当ブログは、情報等の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。通貨ペアの選択、エントリーポイント等の投資、投機の最終決定については、ご自身の判断で行うようにお願いいたします。・当ブログに掲載しているすべての情報・記事・データ等については、その情報源の確実性を保証するものではありません。当ブログの提供情報を利用することで被った被害については、万一、当ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当方は一切の責任を負いません。