読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年先も勝つためのFX

外国為替取引に関する備忘録

【4月9日】ドルインデックス一時99まで回復。ユーロドル、ようやく1.06台へ。 - 昨日の相場

 

f:id:honamifx:20150410153244j:plain

photo credit: Pills via photopin (license)

 

 

多くの通貨でドルが買われ、ドルインデックスは99まで戻しました。

トレンドラインを抜けていたということもあり、とくに驚きはありません。

今日は週末ということや、昨晩の段階でかなりドルが買われたのでダラダラと小動きで終わりそうです。

間違ってもドル安方向に振れるということはまずないと思っています。

 

USD/JPY

日経の数字は気がかりですがそれでも堅調です。

目安としていた120.50を抜きましたのでさきほど買い増しました。

クロス円との兼ね合いもあり上値は重い状態です。

ドル円はあまり急いで買わなければいけない印象はありません。

大きな足での押し目を待つ方が良い感じです。

 

チャートの形からは再度119.50につけるよりも121円の方がいきやすいと思います。

この状態から119.50まで下落するとちょっと様子見です。そうなるとよくわからなくなります。

 

EUR/USD

3/20以来の1.06台をつけました。

もう少しはやくつけても良かったと思います。

 

honamifx.hatenablog.com

上の記事で書いている私のシナリオどおりの展開になっています。すごい!

いや、運が良かっただけです。自慢したかったのです。

 

 

1.07を割るとめぼしいサポートがないので1.046までいってもおかしくないのですが、どこかで戻りは発生すると思います。

とりあえずは上がってきたら売り増しして良い形です。

 

1.08台まで戻ってくるようならレンジは継続ですが、そこまで辿り着くためにはかなりの量のレジスタンスをぶち抜いていく必要があります。

ドル売りの材料がない状態なので戻っても1.0712あたりではないでしょうか。

仮に1.0712に戻るようなら私はそこで売り増します。

 

DXY

f:id:honamifx:20150410151149p:plain

 DXY(1時間足)

 

ドルインデックスはもう一度100を目指す形です。

かなり強い勢いでの上昇で、俗にいうダブルボトムのような感じになっています。

ドル売りに参加するのはドルインデックスが96を明確に割ってからで良いと思います。

 

 

とりあえずはこんな感じです。

ダラダラとドル買いトレンドが継続し、時々出てくるドル高懸念材料がドルの買い場となっていく見込みです。

今週はこれ以上特に大きな動きはしないと思っています。

 

 

 

免責事項

当ブログは、情報等の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。通貨ペアの選択、エントリーポイント等の投資、投機の最終決定については、ご自身の判断で行うようにお願いいたします。・当ブログに掲載しているすべての情報・記事・データ等については、その情報源の確実性を保証するものではありません。当ブログの提供情報を利用することで被った被害については、万一、当ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当方は一切の責任を負いません。