読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年先も勝つためのFX

外国為替取引に関する備忘録

【4月7日】ドルインデックスが三角保ち合いを形成中。ユーロドルの動向はそれ次第。 - 昨日の相場

 

f:id:honamifx:20150408194103j:plain

photo credit: Cairo - Sfinge e piramide di Cheope via photopin (license)

 

 

今夜はFOMC議事録公表ですが内容はほぼ織り込んでいると考えています。

出たとしてもドル高懸念、利上げ時期後退くらいのように思えます。

それがどう相場に影響するかはわかりませんが、既に分かりきっていることなので影響は少ないのではないでしょうか。

 

USD/JPY

昨晩のドル円は押し目も与えずに上昇していましたが、本日の日銀で失望売りとなりました。

クロス円の影響もかなり受けているようであまり取引するのに良い印象はありません。

買うなら120.50を抜けてから、という考えは変わっていません。

 

 

EUR/USD

 

f:id:honamifx:20150408185317p:plain

DXY(1時間足)

 

ドルインデックスを見てみると上値切り下げの三角です。

とりあえずはこの中で上下に振られていくことになりますが、相当なドル売り材料が出てこないかぎり下には抜けないと考えてます。

 

 

f:id:honamifx:20150408185334p:plain

EUR/USD(1時間足)

 

ユーロドルはドルインデックスとのほぼ完全な逆相関が見てとれるので今は量的緩和中ということよりもドルとしての価値が重視されていると考えた方が良いかも知れません。

TLで止まって上昇しているのは分かりますが、上を目指しているという感じはまだあまりしません。

仕掛け側に1.10を突破するメリットがあるかというと微妙なので私は下抜けの方があると考えています。

 

 

安全なトレードをするなら三角のどちらへ抜けていくかを待った方が良いと思います。

抜けた側に中期でのトレンドは出ると思います。
 

 

 

免責事項

当ブログは、情報等の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。通貨ペアの選択、エントリーポイント等の投資、投機の最終決定については、ご自身の判断で行うようにお願いいたします。・当ブログに掲載しているすべての情報・記事・データ等については、その情報源の確実性を保証するものではありません。当ブログの提供情報を利用することで被った被害については、万一、当ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当方は一切の責任を負いません。