読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年先も勝つためのFX

外国為替取引に関する備忘録

【4月2日】ポジションの偏りすぎがユーロ買いを誘発か。雇用統計に向けて嫌な位置。 - 昨日の相場

 

f:id:honamifx:20150403120219j:plain

photo credit: Balancing Act 5 via photopin (license)

 

なぜ動いたのか、という理由についてははっきりとしませんが、やはりポジションが偏りすぎていたこともありドルは売られる展開となりました。

多分ECBやイエレンを口実にストップを狙われただけだと思います。

原油や金などの資源価格が再び上昇してきているのでドルを買うのは少し慎重になった方が良い感じがします。

ただ、単純なドル売りではなくユーロ買いの方が強い印象です。

 

USD/JPY

方向感はなく119.50と120円で挿まれた状態で推移しています。

やや底堅さはありますが、日経先物も落ち込み再度121円にいくような勢いはまだありません。

 

 

honamifx.hatenablog.com

 

ユーロドルのポジションがリミットがかかったのに対して上の記事のポジションは未だストップにかかっていません。

もしや、と思いユーロ円をロングしましたがやはりユーロ買いが発生していたようです。

ドル円のポジションについては雇用統計も控えていることや思うような動きをしていないのでサイズを少し小さくしました。

120.50を抜いてからの買い増しでも十分に間に合うと思います。

 

EUR/USD

 

honamifx.hatenablog.com

 

上の記事で持ったポジションは全て手仕舞いされました。

欧州時間には既にクローズされていたようですが、後から見ると良い位置でリミットにかかっていたと思います。

勢いの良さとユーロドルの形は買いたくなるのですが、ドルを売る気にはまだなれないこととドル円の底が堅いことからユーロ円を買ってみました。

ドルは売れませんが円は安心して売ることが出来ます。

 

ここから先、私にとっての一番理想のシナリオは本日の雇用統計の数字が悪く一時1.10台まで回復した後に売りが入って再度1.06台を目指すという形です。

4時間足での上昇トレンドを描く可能性もないとは言えないので1.10台での売りが入ったことを確認してからのショートが安全ですがそうなってくれると嬉しいです。

 

ま、なんだかんだ言って指標の直前までは下げそうな気もしています。

 

AUD/USD

原油価格が上がっているにもかかわらず下落しています。

どうもまた利下げ観測が浮上しているようですね。

ショートしても良いのですが、位置が位置なだけに売るとしてももう少し上がってからの方が安全です。

というか仮に利下げされた場合、また事実売りでの反発があると思うのでここから追っていくのは値幅も限られているような気がします。

豪中銀の目標レートが0.75なのでそこまで100pipsもありません。

 

 

雇用統計も控えているのでポジションを保有していないかぎりは来週からのトレードで良いと思います。

また、雇用統計も数字の善し悪しよりは「市場参加者が中期でどちらへ行きたいのか」を見た方が良いと思います。

仮に数字が悪かったとしても1.10で売りが入るようならまだ下を目指しますし、1.10も超えてくるようならもっとドル売りは続く、という感じです。

 

 

免責事項

当ブログは、情報等の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。通貨ペアの選択、エントリーポイント等の投資、投機の最終決定については、ご自身の判断で行うようにお願いいたします。・当ブログに掲載しているすべての情報・記事・データ等については、その情報源の確実性を保証するものではありません。当ブログの提供情報を利用することで被った被害については、万一、当ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当方は一切の責任を負いません。