読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年先も勝つためのFX

外国為替取引に関する備忘録

【4月1日】ADP民間雇用悪化。ドル買いに立ちはだかるいくつかの壁。 - 昨日の相場

 

f:id:honamifx:20150402150546j:plain

photo credit: Mur I via photopin (license)

 

ADPの結果が悪かったことを受けドル売りとなりました。

限定的に見えたドル売りですが、ずっと同じ位置で張り付いているので上下に振るような気がします。

あまりドルを買うには良い感じではありません。

 

USD/JPY

f:id:honamifx:20150402145633p:plain

USD/JPY(4時間足)

ドル円は買うなら赤い斜めのラインを上抜けしてからの方が安全です。

119.50で反発はあったものの思っていた感じで上がっていかなかったので下値を試す展開の方がありえそうです。

むしろ戻り売りしてもいいくらいの形ですがまだドルを売ろうとは思わないので私はしません。

チャートの形では既に高値と安値が切り下がっている下降トレンドといっても問題はないと思います。

 

EUR/USD

指標の結果にしては1.08で抑えられたのでみんな売りたかったのだな、と思いました。

しかし、その割には下がりきらないことやショートが下の方に大量に溜まっていることからもう少し上下に振らないと下がれないような気がしています。

ここから売りで追うのは危険だと考えています。売るなら1.06台につける、あるいは1.1台につけてからのショートです。

仮に1.083を上に抜けた場合はもう一度1.10を目指す展開でもおかしくないと思っています。

全てのポジションをクローズするのはそのあたりで、2/3の手仕舞いは1.08を上に抜いた時点でクローズです。

 

 

ドル円にしてもユーロドルにしてもポジションが溜まりすぎなので奇麗に上がる、奇麗に下がると行った感じにはならないのではないでしょうか。

ドルを買うならこれらのポジションが解消されてからで良いと思います。

 

 

 

免責事項

当ブログは、情報等の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。通貨ペアの選択、エントリーポイント等の投資、投機の最終決定については、ご自身の判断で行うようにお願いいたします。・当ブログに掲載しているすべての情報・記事・データ等については、その情報源の確実性を保証するものではありません。当ブログの提供情報を利用することで被った被害については、万一、当ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当方は一切の責任を負いません。