読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年先も勝つためのFX

外国為替取引に関する備忘録

【3月19日】ショートカバー終了により、各通貨とも新規ドル買い。あとやっぱりポンド。

 

f:id:honamifx:20150320000353j:plain

photo credit: Hurricane Supplies via photopin (license)

 

圧巻のショートカバーから一夜明け、圧巻の新規買いが発生しています。

 

EUR/USD

欧州時間の下がり方はすごかったようですね。

10分もかけずに100pips近く売られていたみたいです。

利上げ開始までは量的緩和中ということもあり、やはりユーロは売るしか無いのでしょうか。

現在は1.063あたりで揉んでいます。この辺りを下に抜けると下降トレンド再開しそうです。

下の方のショートもだいぶ減り、下値を追いやすくはなっていますが1.05-1.06に大きなオプションがあるという話もあります。下がるにしてもNYカット後でしょうか。

私はユーロ関係のポジションは持っておりません。

 

GBP/USD

BOEチーフエコノミストであるホールデン氏の「英中銀はQEや利下げと言った選択しもある」という発言で大きく下げました。
少し前まで利上げ観測されていた通貨とは思えませんね。

英中銀の言うことはあまり信用していません(だから利下げとかQEとか言い出すと少し売っていいのか不安にはなる)が、ユーロポンドを見る限りポンド売りの方がまだ優勢なようです。

 

f:id:honamifx:20150319235013p:plain

 

ということで黄色のラインで売ってみました。

ストップは赤のラインよりも上、リミットは青いラインよりも下です。

 

ポンドドルには何度も損切りにあっているのですが今回はどうでしょうかね。

チャートの見やすさや方向性としてはポンドドルが一番トレードしやすいのですが、どうも利益にはなってくれないです。

 

 

FOMC後ということで相場はまだ不安定な状態です。

値が飛んだりすることが多々あるので、分かりやすいトレンドが発生するまでは気をつけたいところです。

 

免責事項

当ブログは、情報等の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。通貨ペアの選択、エントリーポイント等の投資、投機の最終決定については、ご自身の判断で行うようにお願いいたします。・当ブログに掲載しているすべての情報・記事・データ等については、その情報源の確実性を保証するものではありません。当ブログの提供情報を利用することで被った被害については、万一、当ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当方は一切の責任を負いません。