読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年先も勝つためのFX

外国為替取引に関する備忘録

【3月4日】ドル円底堅く、ユロドル底脆い? - 昨日の相場

 

f:id:honamifx:20150304190246j:plain

photo credit: upside down via photopin (license)

 

USD/JPY

早朝、ダウにつられて下がるような動きがありましたが底堅い印象です。

一時ユーロを売って円を買う動きが見られましたがそれも限定的で少しで戻るのではないでしょうか。

4時間足ベースでのトレンドが崩れるようなことはないと見ています。

週後半は雇用統計に向けて調整が入るのか、期待であがっていくのか注目です。

高値で指標を迎えるのは少し怖いですが。

下がってきたところで少しずつ買いポジションを持ったりしていますが120円が重いように感じるので結果的にはデイトレになっています。

(ちなみに私はすぐに手仕舞うことになるであろうポジションもほとんど長期トレンドと同じ方向にしかとりません。)

とりあえず120.40に乗せてくるまでは様子見しているという感じです。

 

GBP/USD

f:id:honamifx:20150305000505p:plain

GBP/USD(4時間足)

 

チャネル(黄色の線)を割り1月2日の高値を上に抜くこともなく再び下がっています。

日足での下降トレンドはまだ崩れていない感じです。1月からの上昇は中期での調整だったのではないでしょうか。

多くの通貨ペアでドル買い方向へのトレンドが出ているのでポンドも同じように動くと思っています。

ポンドルのポジションは持っていませんが、オレンジ色の線での戻り確認してからショートするのもありかな、と考えています。

(あまり対ドルでのロングポジションを持ちすぎるとリスクヘッジにはならないですが・・・)

 

EUR/USD

年初来安値を割り一時1.108をつけました。


EUR/USD、日足のレンジをブレイクか? - 100年先も勝つためのFX

 

この記事で持っているポジションの含み益は現時点で140pipsほどです。(現在進行形でまだまだ下がっていますが)

1.120付近で揉んではいましたがやはり上値を切り下げている、というのは非常に重要です。揉み合っていたとしてもただのレンジではないのですね。

ま、上げても下げてもポジション持ってる以上なにも出来ないので見守るしかないのですが。

「リーチは天才を凡夫に変える」とアカギも言ってました。

自分のことを天才だなんてなんともおこがましいですね。すみませんねまったく。

 

 

本日はこんな感じでした。

 

 

免責事項

当ブログは、情報等の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。通貨ペアの選択、エントリーポイント等の投資、投機の最終決定については、ご自身の判断で行うようにお願いいたします。・当ブログに掲載しているすべての情報・記事・データ等については、その情報源の確実性を保証するものではありません。当ブログの提供情報を利用することで被った被害については、万一、当ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当方は一切の責任を負いません。