読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年先も勝つためのFX

外国為替取引に関する備忘録

【9月第4週】FRB、年内利上げの可能性を示唆しつつ据え置き。市場は少々複雑。 - 来週の展望

photo credit: Dusk in September via photopin (license) 今回のFOMC、FRBは英断だったと思います。 私は利上げするものだと思っていましたが、FRBは利上げをせずに市場を正常な動きに戻すことに成功しました。 どういうことか説明します。 FOMC直後の為替…

【9月第3週】市場は正常なドル売りへ。非常に重要な転換期。- 来週の相場

photo credit: Vision Of Eyechart With Glasses via photopin (license) 多くの通貨でドルが売られ始めています。 現在行われているのは「正常なドル売り」です。 「正常なドル売り」とはなんでしょうか? 例えば、ドル円が下落している場合もクロス円は下…

【9月第1週】セリングクライマックスにより再度リスクオンへ。先週の暴落はとりあえず忘れるべきだが・・・。 - 来週の展望

photo credit: Day 47 via photopin (license) 先週は怒涛の一週間でした。 もともとリスクオフを見越してポジションを持っていたので新規で円を買いまくった以外ではほとんど見ていただけです。 今はクロス円での円買いを手仕舞っただけでポジションは株式…

【8月第2週】9月利上げに向けた株式の動きと資源国通貨に注目する【来週の展望】

photo credit: Shiny gold bar reflecting coins via photopin (license) 来週、というか今週の相場について考えます。 私は依然としてユーロドル、ポンドドルに関しては「すでにトレンド転換を終えている」と見ています。 【4月 第4週】逆指標が続く米指標…

【4月2日】ポジションの偏りすぎがユーロ買いを誘発か。雇用統計に向けて嫌な位置。 - 昨日の相場

photo credit: Balancing Act 5 via photopin (license) なぜ動いたのか、という理由についてははっきりとしませんが、やはりポジションが偏りすぎていたこともありドルは売られる展開となりました。 多分ECBやイエレンを口実にストップを狙われただけだと思…

【3月10日】ドル買いが加速。ドル円一時122円をつけリスク回避に転じるか - 昨日の相場

photo credit: 100822-G-0694D-562-Protective-equipment via photopin (license) すこし早い時間ですが更新します。 ドル円が一時122円をつけ、各通貨ペアともにドル買いが過熱感を増しています。 株価が下がっているにも関わらず為替は上を向いているので…

【3月5日】ドル円再度120円に浮上。悩める市場、豪中銀の思惑は?- 昨日の相場

photo credit: The Moon and the Thinker at the Cleveland Museum of Art via photopin (license) USD/JPY 120円より上は材料待ちのような感じもありましたが結構簡単に抜いてきましたね。 運良く119.70でロングを持った状態でぶち抜いてくれたのでとりあえ…

【3月3日】120円での警戒心、未だ解けぬまま - 昨日の相場

photo credit: Munich via photopin (license) USD/JPY やはり120円を超えたところでニュースが出ましたね。 ま、いつだって下げたことへの後付けなんですが。 たしかに120円をつける度になにかと大きく下げるので「ここから先はダメなのか?」と疑心暗鬼に…

【3月2日】やはりドルは強し、ユーロは弱し。じゃ、オージーってどうなの? - 昨日の相場

photo credit: P121012PS-0626 via photopin (license) ドルはまだまだ強いですね。ドルインデックスは青天井です。 いずれはこのドル買いトレンドも崩れるのでしょうが、それは崩れた時に考えれば良いいことでしょう。 トレンドを転換させるための初動に必…

免責事項

当ブログは、情報等の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。通貨ペアの選択、エントリーポイント等の投資、投機の最終決定については、ご自身の判断で行うようにお願いいたします。・当ブログに掲載しているすべての情報・記事・データ等については、その情報源の確実性を保証するものではありません。当ブログの提供情報を利用することで被った被害については、万一、当ブログの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当方は一切の責任を負いません。